OAM(大口式)インプラント法

安心・安全なインプラント法を導入しています

OAM(大口式)インプラント法とは?

大口式インプラント法は細いリーマーと呼ばれる針のようなもので骨の中を確かめた後に、専用器具で穴を広げてからインプラントを埋入する治療法です。

この治療法は、一般的なインプラント治療と比べてドリルを使わない事が特徴で、骨が薄いあるいは骨粗そしょう症の方でも適応できる場合があります。

※すべての方に適当出来るわけではありません。

ドリルの使用頻度を下げることでメリットが得られる症状の方には有効な治療方法ですので、詳しくはお問い合わせ下さい。

※OAM(大口式)インプラント法、大口式インプラント法は医学博士・大口弘先生が考案、開発した、骨をドリルで削らないインプラント法です。大口先生は名古屋市立大学元・客員教授で岐阜、愛知でご開業の歯科医師です。

OAM(大口式)インプラント法手順/h4>

手順1

小さなバー(直径0.5ミリ程度)でインプラントを埋入する位置を決めます。

手順2

次に細いリーマー(鍼灸治療の針のようなもの)で骨の中の状態を確認します。

手順3

専用器具を使用して穴を広げます。細い骨でも少しずつ広げて太くします。

手順4

器具を少しずつ太いものにかえてゆき、除々に穴を大きくします。骨の状態を確認しながら丁寧に広げます。

手順5

必要な穴の大きさまで器具を取替えながら、徐々に広げてインプラントを埋入します。

手順6

骨とインプラントが結合したら歯が入ります。


当医院では、入れ歯でお悩みの患者さん、骨が少なくインプラントを迷われている患者さんにも安心してインプラント治療を受けていただくために安心・安全なインプラント法を導入しています。

詳しくは、スタッフまでお気軽におたずねください。