矯正歯科

子供の矯正~正しい咬み合わせへ導く~

咬合誘導

子供の歯列矯正は、咬合誘導とも呼ばれ、正しい咬み合わせへの誘導のために行います。
子供の時期に、大人の咬み合わせを想定しながら、将来永久歯がうまく咬み合うような治療を行います。

子供だからできる骨格性の治療

咬み合わせの不調和は、大きく分けて、①歯が原因のものと、②骨格(顎)が原因のものに分けられます。子供の矯正の特徴は、後者の骨格的な原因の不調和を治療しやすいことです。大人になってからでは、抜歯や手術を要するような症例でも、骨が柔らかい成長途中の子どものうちに治すことで、より自然に症状を改善できます。

癖の改善も重要

小さなお子様は、指しゃぶりなど生活の中での癖が、知らず知らず咬み合わせに影響を及ぼすこともあります。こういった癖の指摘や改善も子供の矯正の大事なポイントです。

ご両親へ

当院では、たとえ低学年のお子様であっても、本人が希望しない限り治療を行いません。お子様にもできるだけわかりやすく説明し、自分がどのような状況にあるかを理解していただく努力をいたします。
お子様の将来のためにも、不具合に少しでも気付かれた場合は、遠慮なくご相談ください。

成人~大人になっても大丈夫~

すてきな笑顔をごほうびに

この数年、成人矯正をされる方は大変増えました。
子供のころ、矯正ができなかったため、大人になってから行うという方や、受験などが一段落した大学生の患者様が多いようです。
矯正治療をされることで、笑顔に自信を持つことができ、よりいきいきと社会生活をされている方がたくさんいらっしゃいます。お仕事や受験をがんばった自分へのごほうびに、すてきな笑顔を手に入れてみてはどうでしょうか。

成人でも変わりはなく治療可能

成人矯正は本当にうまくいくのか、と心配される声も多いようですが、大人になってからでも矯正治療を受けることは十分にできます。
もちろん、骨格性の問題がある場合は、子供の矯正よりも自由はききません。しかし、大抵の治療は子供の矯正と変わらず行えます。
お仕事や学校など、矯正装置をつけて生活されることに不安を持たれている方もいらっしゃることと思います。丁寧にご説明しながら治療していきますので、ご安心ください。

装置

マルチブラケット~一般的なワイヤーの矯正治療~

3次元的に歯を動かす

定価¥950,400(税込)

マルチブラケット装置は、最も一般的な方法です。
歯の表面にブラケットというワイヤーを通す装置をつけ、歯をワイヤーで連結することで3次元的に移動を行います。
すべての永久歯を対象としていますので、永久歯が生えそろう12歳以上の方ならお使いいただけます。
歯を細かく動かすことができ、矯正治療の中でスタンダードであり優れた装置です。

メリット

  • 一般的によく行われている矯正方法なので、十分な実績がある
  • 治療期間が比較的短い

デメリット

  • 歯の表面にブラケットやワイヤーなどの装置をつける為、見た目が気になる
  • 矯正中は基本的に虫歯になりやすくなるので、虫歯にならないように十分なケアが必要です
  • 矯正によって歯を動かすことで、歯根吸収(歯根が溶けてしまうこと)が起こることもある

舌側~歯の裏につける、見せない矯正治療~

他人の視線を気にしないで矯正ができる


上下顎 舌側 定価¥1,306,800(税込)
上顎舌側・下顎唇側 定価¥1,069,200(税込)

一般的な矯正治療は、約2年かかります。好条件が重なったとしても、1年は、装置をつける日々が続きます。
従来の歯の前につける装置によって、大きな精神的ストレスを感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
長期間にわたる治療だからこそ、よりストレスフリーな状態で過ごしていただきたい。そんな気持ちから生まれたのが、歯の裏側につける舌側矯正です。
特に、社会人の方の中には、お仕事、プライベート両面において、従来の矯正装置がわずらわしいと感じていた方も多いかもしれません。
舌側矯正で、周りに気兼ねなく、きれいな歯並びを手に入れましょう。

舌側矯正の得意症例

舌側矯正は、特に以下のような症例には、力を発揮します。

  • 奥歯が正常で、前歯のみが気になる方
  • 上顎前突(出っ歯)
  • 咬み合わせの深い方

メリット

  • 歯の裏側に付けることで、表側に付ける事によるストレスもなくなり、周りに気兼ねなく、きれいな歯並びを手に入れることができます
  • 矯正治療は、歯を奥歯を軸に前の歯を後ろに動かしますが、舌側につけることで、歯も後ろに下がりやすくなります
  • 後戻りがしにくい。舌の悪い癖を除去する装置の役目もありますので、治療後も舌の癖によって歯が前に押されてしまうことによっておこる後戻りのリスクも軽減できます
  • 虫歯になりにく。舌側に付ける事で、たえず唾液によって乾燥を防ぐことができます。そのため、表側矯正に比べて虫歯になりにくいと言われています

デメリット

  • 表側よりも違和感を感じる場合があるが、正しい位置に舌を習慣づけることで違和感も減少し、歯列矯正終了後の歯並びも安定しやすくなる
  • 治療初めは上の歯の裏側に下の歯が噛みこむため、噛みあわせの深い方ではどうしても噛みにくくなることがある
  • 表側に装置をつけるよりも処置が困難なため、表側の矯正と比較して費用が高い

ワイヤレス~ワイヤーのない矯正治療~

取り外しのできる透明な装置

ブラケットやワイヤーをつけず、取り外し式の透明な器具を歯に付けていただくことで咬み合わせを直す。それが、ワイヤレス矯正です。
この器具は、マウスピース型矯正歯科装置のため、透明で薄く、装着しても気付かれづらく、患者様の見た目のニーズに応える装置です。

口腔筋機能訓練装置(MRCシステム)

MRCトレーナーと呼ばれるマウスピースを使って、歯並びを整えていきます。 筋機能訓練をあわせた矯正治療法です。

*5~8歳に適用

筋機能訓練とは。。
「口の周りの筋肉の機能を改善する訓練法」です

歯並びが悪くなってしまう原因として、今までは遺伝的な問題であったりとされていましたが、最近では筋肉の機能の不正として知られている口呼吸・舌のくせ、異常嚥下が顎の発育不良の本当の原因として明らかになってきました。よってアレルギーやぜんそく、長期間の指しゃぶり、哺乳瓶やおしゃぶりの使用、態癖、姿勢による結果として歯並びが悪くなってしまいます。

この上記の写真のようなことが、頬や、舌、唇を含めたすべての筋肉の使い方は歯や顔の発育にとても大きな影響を与えてしまうのです。
MRCは歯並びを良くするだけでなく、ブラケット矯正では改善できない、こうした口呼吸、舌の突出し間違った嚥下などの口腔習癖を改善することができる装置になります。

メリット

  • 歯を抜かない!!
  • 取り外しができる装置です。日中2時間程度と夜、装着して寝るだけでOKです
  • お口の筋肉とお顔にあった歯並びにすることが可能です
  • 金属を使う心配がないので、身体に安全で、従来の矯正よりも比較的にお値段も安価です
  • 口呼吸から鼻呼吸に変わっていくので、将来的にも健康で、そして、後戻りが少ないのも特徴です

デメリット

  • ご自宅でのトレーニングが必要のため、怠ると歯並びはよくなりません。1日2分のトレーニングと夜必ず寝る時の装着が必ず必要です
  • 子供が装置を入れていないと治療が進みません。子供だけにお任せできないのでご家族の協力が必要不可欠です
  • 必ずしもすべての方に適用するとも限りませんので、先生との相談が必要です
  • 小児矯正を行っても、大人になってから再度矯正が必要になることがあります
  • 場合によっては拡大装置が必要になる場合もあります

※マウスピース型矯正歯科装置は医療機器法対象外のため医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります