審美歯科

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。

一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。

保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。

それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

主な治療法としてハイブリッドセラミックス、メタルセラミックス、オールセラミックスといった治療方法があります。

ハイブリッドセラミックスはセラミックとそれらをつなぐ微量のプラスチックが混ざり合った材料で作られたインレー(詰め物)、クラウン(被せ物)です。

オールセラミックス

一般の歯医者さんでもセラミックを取り扱うところが増えてきました。

特にメタルボンドと呼ばれる金属を使用したセラミックの歯を使用する歯科医院や美容外科が多い中で、当院は金属をいっさい使用しないオールセラミックにこだわっています。

金属を使用しないため、歯の色が自由に調節でき、天然の歯と同じような自然な感じを出せます。

また、変色が全く起こらないのも大きな特徴です。

歯と同じ白色なので目立たず、健康的な印象を与えることが可能です。

歯科医師にとって、セラミックは金属やプラスチックとはまったく違った技術が必要となるため、どれだけセラミックの臨床経験を積めるかが技術向上のための必要条件になります。

ラミネートベニア

ラミネートべニアとは、歯の表面を薄く削って、セラミックで製作した薄いシェルを貼り付ける治療法です。「歯の色をもっと白く」「歯の形を整えたい」「隙っ歯を治したい」といった要望にお応えすることができます。同様の目的で行われるセラミッククラウンに比べ、天然の歯を削る量が少なく、治療回数も少ないため、それほど歯並びが悪くない方にはラミネートベニアがオススメです。(歯並びが悪い場合にはラミネートベニアを適用できない場合が多くなります。)